« 2017年08月 | メイン | 2017年10月 »

2017年09月 アーカイブ

2017年09月01日

怒り易い人は検査を

アスペルガーの人は怒り易い。
これは一部の人って前提で当たってます。怒り易いのです。

去のアスペルガーの天才たちについて読むと、かなりの頻度で「自己愛傾向」や、
「聞く耳を持たない頑固さ」、そして「意見されたときに激しく怒る」
といった傾向について書かれています。

まったくだ、と思います。
近くにアスペルガーの人がいて、まったく怒りやすいのでよーく分かる。
アスペルガーの人たちは、定型発達者とは違う視点から世界を見て育っていると言われます。
それは彼らの認知特性が、定型発達者とは異なるせいです。

情報の入力端子が異なるので、頭の中に構築される世界観もまた定型発達者とは違うのですね。

単に視覚だけが異なっているわけではなく、
頭の使い方そのものが違うので、アスペルガーの人たちは、
定型発達者がまったく思いもよらない角度から世の中を見ていることがよくあります。

つまり、、、天才肌!

定型発達者はトップダウンの思考で、周りの人の感情など、
全体のバランスを見ながら臨機応変に論理を組み立てるのに対し、
アスペルガーの人はボトムアップの思考で、
情報の正確性を重視して一貫性のある論理を組み立てるようです。

全ては情報で動いている。
そんな人がいたら、その人もアスペルガーかもしれませんね。

2017年09月29日

営業職採用の医療機器メーカー求人

医療機器メーカーの求人の中でも特に目立つのが営業職(営業職で実績のある転職エージェントはここ)で、外資系や日系の医療機器メーカーでは営業職の求人に力を入れています。医療機器メーカーの営業職の主な仕事内容は病院に勤務する、医師・技師・看護師など医療の現場の人々に自社の製品の紹介を行います。時には病院長や事務長に新製品の情報提供を行ったり、学会関連の業務や自社の製品のアフターサービスなどを行います。

医療機器メーカーの営業職は通常は自分の担当エリアが決まっていて、代理店制度を導入している企業の場合は代理店の営業を手伝ったりもします。他の業界の営業職とは異なり患者さんの生命に関わることも多く、自社の製品を使った診断方法や治療方法の説明だけでなく、その製品に関する疾患や手術などについても勉強が必要です。それだけに勉強することも多く大変ですが患者さんの生命を救ったり、医師など医療現場の人々と共に社会に貢献しているというとてもやりがいがある仕事です。

病院などで自社製品の紹介を行うだけでなく医療機器メーカーの営業職は、医療知識を学ぶために時には学会に出席したり論文を読んだりすることも不可欠です。さらに代理店制度を導入している医療機器メーカーが多いので、代理店からの製品の発注に対応したり製品を納入し、納入した製品を管理するのも営業職の大事な仕事の一つです。医療機器メーカーの営業職の場合はディーラーと違ってさまざまなメーカーの製品の取り扱いを覚える必要はありませんが、高額な医療機器を販売する求人が多いのが特徴です。

業界未経験者でも応募できる求人も多数ありこのサイトに掲載されているリクルートエージェントや、マイナビエージェントのような転職エージェントにも医療機器メーカーの営業職の求人は多数あります。新卒だけでなく業界未経験者でも中途採用して十分な時間を掛けて教育する余裕がある、大手企業の求人も多いので未経験者でも安心して働けます。また営業職の場合はインセンティブを導入している企業も多く、固定給だけでなく頑張った分が給料に反映されるところが多いのもこの業界の特徴です。外資系の医療機器メーカーの営業職の場合は目標達成度に応じた成果報酬の割合も大きく、成績さえ残せば直行直帰が可能で若くても管理職へ抜擢されるなど働き甲斐があります。もし医療機器メーカーの求人に興味がある方はこのサイトに掲載されている、転職エージェントに登録されてみてはいかがでしょうか。


About 2017年09月

2017年09月にブログ「燃え尽き症候群で退職した看護師の辛いキモチ」に投稿されたすべてのエントリーです。過去のものから新しいものへ順番に並んでいます。

前のアーカイブは2017年08月です。

次のアーカイブは2017年10月です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。

Powered by
Movable Type 3.38